痛風に効くザイロリックとフェブリク

たくさんの白い薬品

痛風に悩まされている人の中には、「市販薬の痛み止めでは効かなくなった」という人もいるのではないでしょうか。
そのような方は、速やかに病院へ行く事をおすすめします。
痛風薬として処方されているザイロリックとフェブリクは、尿酸値を減らしてくれる働きを持っていて痛風の痛みに対して高い効果が期待できる薬です。

◆ザイロリック

ザイロリックは、GSKファーマ社が開発した痛風薬です。
医学用語では尿酸生成抑制薬とも呼ばれていて、体内の尿酸値を減らしてくれる働きを持っています。
痛風の他に、高尿酸血症の治療にも使用されることも。

ザイロリックを飲んだ後に、痛風発作が起こってしまうケースがありますが関節に溜まっていた尿酸が排泄されると痛風発作が起こりにくくなります。
発作が起こった場合は、しばらく様子を見てから服用するようにしましょう。

痛風は、一度患ってしまうと、根治が期待できない病気といわれています。
そのためザイロリックも、痛みを緩和してくれますが痛風を完治へとは導いてくれません。
一時的な痛みの緩和が得られたからといえ、自己判断で服用を中断するのは安易な行動です。
処方された量を忍耐強く飲み続けましょう。

◆フェブリク

フェブリクは、ザイロリックと同様に尿酸値を減少させる働きを持っている薬です。
痛風や高尿酸血症の他に、高血圧症の治療にも効果が期待できます。
フェブリクに配合されている、フェブキソスタットは40年ぶりに開発された新しい痛風薬です。
ザイロリックといった他の役よりも高い効果が望めるうえに、1日1回の服用ですむため副作用の負担も軽減されているのです。
そのため、「ザイロリックよりもフェブリクが良い」といった体験談もあり痛風患者から注目を集めています。

またフェブリクはジェネリックも開発されていて、海外通販で気軽に購入できます。

足のむずむずに要注意!痛風の前兆

女医に相談する男性

痛風にも痛みが生じる前に、むずむずとした前兆があります。
そのため痛風を既に発症している人は、むずむずを感じたらすぐに治療薬を飲むという対策をしています。
痛風かも知れないと感じたら、足のむずむず感には注意を払っておきましょう。

◆痛風発作にも前触れがあります

痛風特有の痛みが足に発症する時、前兆があるのを知っていますか?痛風発作が起こる少し前には、足がむずむずするという違和感を覚え始めます。
足の親指の付け根に最も多く見られますが、人によっては足首や膝にもむずむず感を生じ始めます。
痛風は典型的な痛みだと歩行困難になる人もいるうえに、放置するとだんだん慢性化していきます。

また医学業界では、「痛風は怖い病気」として見られています。その理由はさまざまな合併症を招くから。
肥満や高脂血症、高血圧症、耐糖能異常などは動脈硬化になり得る生活習慣病です。死につながる可能性があり、大変危険なのです。
痛風と生活習慣病を併せ持つと、ゆくゆくは狭心症や心筋梗塞などを引き起こすことになりかねません。

◆痛みの前兆がない偽痛風とは?

痛風の痛みと似ているが、忘れたころにやってくる偽痛風という病気を知っていますか?
痛風は尿酸結晶が原因ですが、偽痛風は尿酸以外の結晶が誘発して関節炎を起こしていると言われています。
原因が痛風とは違うため、偽痛風と呼ばれているのです。

激痛を伴う痛風は、足がむずむずとした前兆があります。そのためむずむずを感じ始めたら治療薬を飲み、痛みを未然に防ぐという対策ができます。
しかし偽痛風は痛みを生じる前触れが一切なく、いきなり関節や関節周辺に痛みを感じます。関節周辺が真っ赤に腫れて、動かすことも困難になります。
また足の関節だけでなく肩や肘、手首、指関節といったあらゆる関節部分に痛みが発症します。
一度に数ヵ所の痛みが生じるのではなく、一度にひとつの箇所だけです。

一度痛みを感じただけでは、痛風なのか偽痛風なのか分からないという方は医師に相談してみましょう。

ロキソニンは痛風にも効く?

薬選びに悩んでいる人

痛風の激痛に見舞われた時、病院からの処方薬が使い切っていた場合どのような対処を施しますか?
病院が開いていない夜間などに、痛みを感じてしまうと絶望的ですよね。
そんな急な痛みを一時的に乗り越えるために、痛風患者が使用しているロキソニンという薬を紹介していきます。
市販で販売されているロキソニンは、いつでも購入可能で急いで痛みを和らげたい時に便利です。
「なるべく市販薬で痛みを緩和したい」「病院へ行く暇がない」という方は、ロキソニンを常備しておきましょう。

◆一時的に痛みを和らげてくれる

ロキソニンは、薬局やドラッグストアでも販売されている薬です。鎮痛薬に該当するため、急な痛風発作を感じた人がよく使用しています。
体内で起こっている炎症や痛みを和らげる役目を担っていて、解熱効果もある消炎鎮痛剤です。
痛風の他にも酷い痛みを伴った頭痛や手術後の我慢できない痛み、歯の治療後の痛みといったものにも対処できる薬です。

内服できる錠剤タイプから貼って使用するテープタイプ、塗るタイプといった3種類のタイプがあります。
急に来る痛みに耐えられない、という方は一度市販で販売しているロキソニンを試してみましょう。

◆根本治療には向いていないロキソニン

ロキソニンは、治療薬ではありません。あくまでも鎮痛薬であり、一時的な炎症や痛みを和らげてくれる薬です。
NSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれている、非ステロイド性抗炎症薬で一過性の痛みに対処してくれます。
そのため、重度の痛風患者にはロキソニンが効かないこともあります。
根本的に治療しているわけではないので、一度痛みがひいたからといえそのまま放置してしまうのはNG行為です。
痛みの原因そのものを取り除けていない、ということをきちんと理解しておきましょう。