痛風に使われている薬の成分を知ろう

赤く腫れている足

痛風を患っている人は、痛風に効く成分を把握しておきましょう。

病院での処方薬や市販薬では、どのような成分が含まれているのでしょうか?
市販薬の中には返って症状を悪化させてしまう、アスピリンを配合した薬も販売されています。
鎮痛薬と書かれていても、必ず痛風に効くわけではありません。
痛風に効く成分を把握しておきましょう。

◆NSAIDs

非ステロイド性抗炎症薬とも呼ばれていて、痛風薬に使う薬としてはメジャーな成分で市販薬にも配合されている商品があります。

しかし市販で販売している薬のなかでも、買ってはいけない薬があります。それはアスピリンが入っているバファリンA錠やエキセドリンです。
アスピリンは痛風の痛みを悪化させます。
では、どの商品なら症状を悪化せずに済むのかチェックしてみましょう。

・ロキソニンSシリーズ=主成分はロキソプロフェン
・バファリンプレミアム=主成分はイブプロフェン

バファリンシリーズでも要注意が必要です。アスピリンが入っていないバファリンプレミアムを投薬してください。

◆副腎皮質ステロイド
非ステロイドとの差はありません。ステロイドと聞くと、副作用が酷いというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。

副作用が酷くなるのは、内服薬と注射薬を長期的に服薬したケースのみです。長期的に使用すると、多幸感や情緒不安定といった副作用が現れます。
一週間程度の服薬であれば、安全な範囲内と言われています。病院などで処方された際にはきちんと医師の指示に従いましょう。

◆コルヒチン
コルヒチンは、痛風発作抑制薬としては古参です。9~10世紀ごろには、すでに使用されていたという記録があります。
痛風発作の痛みを緩和する効果があることが確認されています。消化器系の副作用である下痢を頻繁に起こすこともあります。