生活スタイルの改善が大切

プリン体とビール

毎晩のようにお酒を飲んだり、プリン体が多い干物類などを食べたりしていませんか?
痛風は、体内にプリン体が溜まり関節が炎症を起こしている状態です。
原因となる食べ物やアルコールを頻繁に摂取していると、痛風につながります。

生活スタイルを見直して、健康的な日々を目指しましょう!

●食べすぎ飲みすぎ注意!

プリン体が多く含まれている食べ物を知っていますか?とても多く含まれている食べ物は鶏レバー、まいわし干物などがあります。
毎日のように摂る食事内容に工夫を加えるだけで、プリン体の摂取量を減らすことも可能です。

・プリン体を多く含んでいる食べ物(100g中300mg以上)
鶏レバー、まいわし干物、いさき白子、あんこうの肝酒蒸し
・プリン体がある食べ物(100g中200~300mg)
豚レバー、牛レバー、カツオ、エビ、干物、さんま干物

食べる機会がある際には、調理法を工夫しましょう。ゆでる、蒸す、煮るがオススメです。ただ茹でた後や煮た後のだし汁、煮汁は飲まないようにしてください。

またプリン体といえばビールが有名ですよね。しかしアルコールは種類問わず、尿酸を増やす働きがあります。
飲酒もほどほどにしておきましょう。

●肥満は痛風になりやすい

適度な運動は、痛風を予防する方法のひとつです。身体を動かしていない状態が続くと、尿酸がどんどん体内に溜まっていきます。

さらに肥満の人ほど痛風になる危険性が高い、ということが判明しているのです。
太っていくと、インスリンというホルモンが増加して尿酸の排泄を低下させてしまいます。
正常に体内から尿酸が出ていかないと、尿酸値は上がる一方。
痛風の尿酸値セーフラインは7.0mg/dlなので、肥満の方で尿酸値も高い人は適度な運動をして排泄を促しましょう。