ロキソニンは痛風にも効く?

薬選びに悩んでいる人

痛風の激痛に見舞われた時、病院からの処方薬が使い切っていた場合どのような対処を施しますか?
病院が開いていない夜間などに、痛みを感じてしまうと絶望的ですよね。
そんな急な痛みを一時的に乗り越えるために、痛風患者が使用しているロキソニンという薬を紹介していきます。
市販で販売されているロキソニンは、いつでも購入可能で急いで痛みを和らげたい時に便利です。
「なるべく市販薬で痛みを緩和したい」「病院へ行く暇がない」という方は、ロキソニンを常備しておきましょう。

◆一時的に痛みを和らげてくれる

ロキソニンは、薬局やドラッグストアでも販売されている薬です。鎮痛薬に該当するため、急な痛風発作を感じた人がよく使用しています。
体内で起こっている炎症や痛みを和らげる役目を担っていて、解熱効果もある消炎鎮痛剤です。
痛風の他にも酷い痛みを伴った頭痛や手術後の我慢できない痛み、歯の治療後の痛みといったものにも対処できる薬です。

内服できる錠剤タイプから貼って使用するテープタイプ、塗るタイプといった3種類のタイプがあります。
急に来る痛みに耐えられない、という方は一度市販で販売しているロキソニンを試してみましょう。

◆根本治療には向いていないロキソニン

ロキソニンは、治療薬ではありません。あくまでも鎮痛薬であり、一時的な炎症や痛みを和らげてくれる薬です。
NSAIDs(エヌセイズ)と呼ばれている、非ステロイド性抗炎症薬で一過性の痛みに対処してくれます。
そのため、重度の痛風患者にはロキソニンが効かないこともあります。
根本的に治療しているわけではないので、一度痛みがひいたからといえそのまま放置してしまうのはNG行為です。
痛みの原因そのものを取り除けていない、ということをきちんと理解しておきましょう。