痛風に効くザイロリックとフェブリク

たくさんの白い薬品

痛風に悩まされている人の中には、「市販薬の痛み止めでは効かなくなった」という人もいるのではないでしょうか。
そのような方は、速やかに病院へ行く事をおすすめします。
痛風薬として処方されているザイロリックとフェブリクは、尿酸値を減らしてくれる働きを持っていて痛風の痛みに対して高い効果が期待できる薬です。

◆ザイロリック

ザイロリックは、GSKファーマ社が開発した痛風薬です。
医学用語では尿酸生成抑制薬とも呼ばれていて、体内の尿酸値を減らしてくれる働きを持っています。
痛風の他に、高尿酸血症の治療にも使用されることも。

ザイロリックを飲んだ後に、痛風発作が起こってしまうケースがありますが関節に溜まっていた尿酸が排泄されると痛風発作が起こりにくくなります。
発作が起こった場合は、しばらく様子を見てから服用するようにしましょう。

痛風は、一度患ってしまうと、根治が期待できない病気といわれています。
そのためザイロリックも、痛みを緩和してくれますが痛風を完治へとは導いてくれません。
一時的な痛みの緩和が得られたからといえ、自己判断で服用を中断するのは安易な行動です。
処方された量を忍耐強く飲み続けましょう。

◆フェブリク

フェブリクは、ザイロリックと同様に尿酸値を減少させる働きを持っている薬です。
痛風や高尿酸血症の他に、高血圧症の治療にも効果が期待できます。
フェブリクに配合されている、フェブキソスタットは40年ぶりに開発された新しい痛風薬です。
ザイロリックといった他の役よりも高い効果が望めるうえに、1日1回の服用ですむため副作用の負担も軽減されているのです。
そのため、「ザイロリックよりもフェブリクが良い」といった体験談もあり痛風患者から注目を集めています。

またフェブリクはジェネリックも開発されていて、海外通販で気軽に購入できます。